欠損タイプ

インプラントと天然歯の違い

見た目の美しさや、物を噛む力がこれまでの義歯より優れているとされるインプラントですが、
実際どの程度天然歯に違いのでしょうか?

まず結論から言いますと、インプラントと天然歯を比較すると全く別物となります。
天然歯は、骨を支える歯根膜があり、
物を噛む際に無駄な力を逃してくれるクッションの役割となります。

また歯根に沿って垂直な繊維が存在していて、
3方向から血液を供給するため血液供給が多く、
好中球が出て感染を予防する働きがあり、歯周病などを防いでくれます。
これが天然歯の主な特徴です。

一方のインプラントでは、天然歯のような歯根膜は存在せず、
物を噛む時の力を逃すクッションの役割をするものがありません。
ですので、普通の食事程度なら大丈夫ですが、
噛み合わせの問題などから起こる歯ぎしりなどの無駄な力に対してはとても弱いと言えます。

また天然歯が歯肉繊維が垂直なのに対し、インプラントは平行で、2方向からしか血液供給をしていません。
そのため、天然歯に比べると感染すると歯肉が剥がれたり、炎症が一気に悪化しやすくなります。

また血液供給も少ないため、感染予防する力も天然歯に比較すると弱いと言えます。
これが原因となり、インプラントにすると歯周病になりやすいなどの問題が出てきます。
しかしながら、やはり歯がないまま放っておくことは、全身疾患にも繋がりますし、治療するしかありません。

ですので歯が欠損して、インプラントが受けられる場合は、
必ずきちんとした治療と、治療後のメンテナンスを欠かすことなく受ける必要があります。

当然、インプラントも義歯に変わりはありませんし、天然歯に比べると劣る部分は勿論ありますが、
歯の欠損に対しての治療としては、見た目の美しさや、噛む力は天然歯と近いものがあると言えます。

きっちりとしたメンテナンスで、インプラントと上手に付き合い健康な口腔内を保ちましょう。