欠損タイプ

歯科インプラントの構造と特徴

芸能人やスポーツ選手などが受けていることで日本でも一気に歯科インプラントが認知されましたよね。
今では一般の方も気軽に受けられる歯科治療で最高の治療とされ、年々数を増やしています。

そんな歯科インプラントですが、一体どのような構造と特徴があるのでしょうか。
まずインプラントの構造ですが、
歯が欠損した部分の骨にフィクスチャーというネジのような土台となるものを埋めます。
次にフィクスチャーと人工歯を連結させる役割があるアパットメントをフィクスチャーに連結させます。

この二つは骨に馴染みやすいチタン、またはチタン合金で出来ています。
そして歯となる人工歯をアパットメントの上に連結する三構造となっています。
人工歯の多くは丈夫なセラミックで出来ています。
これがインプラントの構造です。

そしてインプラントの特徴ですが、
最大の特徴は何と言っても、美しい見た目と自分の歯のような噛み心地です。
インプラント治療が行われる前は入れ歯やブリッジを欠損部にはめていました。

この二つの治療も適している人には良い治療ですが、
入れ歯はがたつきや痛みなどの違和感、
ブリッジは、違和感はないものの、欠損部の両側の歯を健康歯であっても削らなくては治療が行えませんでした。

しかしインプラントはフィクスチャーを埋める土台となる骨さえ十分にあれば、
残りの自分の歯を削る必要もなく、違和感のない自分の歯のような人工歯を造ることが出来ます。
勿論見た目の美しさもインプラントの大きな特徴です。
インプラント治療法の効果のサイトにも詳しい解説が記載されていますので、ご覧ください。

しかし、土台となる骨がない方はインプラント治療を受けることが出来ませんので、
必ず医師とよく相談してから治療を行うようにしましょう。

またインプラントは他の歯科治療に比べて高額な治療になります。
また、気になるのがインプラントに保険適用されるかどうかだと思います。
信頼出来る医師を選び、きちんとした治療を受けられるように、
まずはご自分でインプラント治療についてや、インプラント治療を行っている歯科医院をよく調べておきましょう。

患者様の状態に合えば、理想の歯を造ることの出来る画期的な治療です。
インプラント治療をお考えの方は、まず信頼出来るドクター選びと、十分な問診を受けてから治療を行うようにしましょう。